ストレスのあまり円形脱毛症になりました【女性抜け毛体験談】

抜け毛の悩み

「悩みすぎるとハゲる」
「ストレスがたまりすぎて、円形脱毛症になってしまった」

というお話はよく聞いていましたが、まさか自分の身にふりかかるとは。

以下、職場のストレスで髪にダメージを受けてしまった体験談です。

抜け毛に悩んだことのない平穏な人生を送ってきました。

しかし、就職してからというもの、毎晩の激務、人間関係のストレス、パワハラ、セクハラに苦しめられました。

私の職場は派閥争いも激しかったため、派閥の仲介役などをするはめになり、それでいっそう精神が疲れてしまうこともありました。

ある日、髪を伸ばしていたのに、なかなか伸びないことに気が付きました。

ロングヘアを目指していたのにボブから伸びないのです。

それどころか、髪がどんどん少なくなっているような気さえしてしまいました。

当時、女性の抜け毛なんて気にすることはなかったのですが、さすがに髪の毛の量が減っていることは自覚せざるをえませんでした。

ある日目覚めると、ベッドに大量の抜け毛が落ちていることに気づきました。

そして、後頭部を鏡で見たとき、明らかにある部分だけ髪の毛の量が減っていることに気いづきました。

私はすぐに病院に行き、この症状について診察を受けました。
恐ろしくて仕方なかったのですが、ストレスを原因とした円形脱毛症ということで、塗り薬を処方されました。

職場のストレスを緩和する方法を臨床心理士と相談しながら薬を使い、半年後には無事円形脱毛症から回復することができました。

最近は、なるべく頭皮にやさしい成分のシャンプーを使うようにして、できるだけストレスをためないように気をつけて過ごしています。